top of page

ニューボーンフォトグラファーに資格が必要なわけ

1.特殊な時期の撮影である

ニューボーンフォト撮影を行う時期は新しくベビーを迎えた特別な期間です

新生児はこの世界に慣れるため、ママは妊娠前の体に戻るためにさまざまな変化があります

またご家族にとっても新生活を作っていく特別な期間です

カメラの扱いや写真が上手いだけでは、撮影にご満足いただくことは難しいと思います


2.同じ知識のままではダメ

例えば、ベビーのスキンケアの情報が数年前とは変化しているように医学の知識や撮影に関する常識も年々変化していきます

一度きりのワークショップでは、最新の情報を得ること、それを継続することは難しいため、資格(更新制)を取得することで常に最新の情報を持って、ママやベビーに接することがフォトグラファーにとって必要です


3.業界全体の安全性の向上

残念なことにベビーやママの知識を全く必要とせず、見よう見まねで撮影を行おうとする人もあり、そのせいで傷付いたケースをお聞きすることもあります

他の撮影とは違った特殊な撮影であることをフォトグラファー個々人が理解し、資格をもちながらお客様方へも発信していくことは業界全体の安全性の向上だけでなく、ご依頼を検討されるお客さまへの安心感へもつながっていくと考えています




もしかすると「商売」としてだけ考えるのであれば資格や知識がなくても問題はないのかもしれません。


ですが、ニューボーンフォト撮影は決してお金儲けのための商品ではありません。


貴重な時期の体験であり


一生ものの作品であり


これから日本でも1つの文化として発展していくべきものだと私は考えています。


真剣にニューボーンフォトに取り組むのであれば


ベビーやママへ安心で安全な撮影をご提供するためであれば


決して後回しにはできない知識。


撮影技術と共に必ず身につけてもらいたいと思います。


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page