top of page

​ニューボーンフォトグラファーの選び方

japan newborn safety 04_edited.jpg

ニューボーンフォトグラファーを選ぶ際のポイント

ニューボーンフォトグラファーを探すとき、皆さんはどのようなことを意識して探していますか?
一見、可愛く神秘的なニューボーンフォト。代表的な頬杖などはポージング技術や合成技術などを駆使してあの可愛い写真が出来上がっています。
生まれたての新生児ですから、気温体温の変化や、外的要因を受けやすいということがあります。
 
多くのママたちが優先して探すポイントはこのような感じでしょう。

1. 写真が好みかどうか

 

2.自宅から近いかどうか

 

3.料金の安さ

 

4.ニューボーンフォトの撮影経験はないけど以前に違うジャンルで撮ってもらったフォトグラファー

 

5.マッチングサービスの中から選ぶ

 

どうしても気にしてしまいがちな料金や近さ、以前に撮ってもらった方への依頼や、経験はないけどアマチュアフォトグラファーの友達にお願いするなど、なるべく安く探そうとしてしまうのではないでしょうか?

ですが、上記の内容だと、経験や勉強を重ねたニューボーンフォトグラファーにはなかなか出会えません。

ならばどういった点を注意しながら、フォトグラファーを選べばよいのでしょうか?

 

 

日本セーフティー協会が注意していただきたいのは以下のポイント!

 

1. きちんとニューボーンフォトを学んでいるか

ニューボーンフォトのポージングは見様見真似ではできるものではありません。特にポージングを要する(ポーズドニューボーンフォト)と呼ばれる赤ちゃんにポージング(有名なのは頬杖やうつ伏せで手の上に顎を乗せているポージングなど)してもらっているジャンルに関しては、正しい知識を持って赤ちゃんを心地よくポージングさせる必要があります。必ずそのフォトグラファーがニューボーンフォトをワークショップや専門のスクールなどで学んでいるかをチェックしましょう!

 

2. 安全対策・感染対策、もしもの場合に対する安全を気にしているかどうか
ニューボーンフォトグラファーは、赤ちゃんもママも産後一番初めに会う他人ではないでしょうか?生まれてすぐの新生児を撮影する際、新生児の身体の構造、身体的特徴、温度管理、感染症に対する知識などを有しているかを必ずチェックしましょう!

 

3. 予算に関わらず撮影料金と技術力と知識レベルが合っている

多くの方ができるだけ安く撮影したい!と気にする料金ですが、技術・知識レベルの高いフォトグラファーは、ワークショップや専門スクールなどで多くの時間と金銭的投資を学びに費やしています。その分だけ依頼料も高めですが技術・知識レベルも高い傾向にあります。

 

ニューボーンフォトを依頼する際は料金の安さに目を奪われることなく、上記のポイントを意識して信頼してお願いできるフォトグラファーかどうかをチェックしてください。
特に安全対策や新生児・産前産後のママに対する知識、カメラの知識だけでなく、ポージング技術、合成技術、編集技術を学んだフォトグラファーを探しましょう!

bottom of page